GIS奮闘記

現役GISエンジニアの技術紹介ブログ。主にPythonを使用。

スポンサーリンク

Tableau を使って地図データを可視化してみよう!

さて、本日は Tableau を使って地図データを可視化してみようと思います。Tableau と言えば BI ツールとして有名だと思いますが、なんと これで地図データも可視化できるようです。ちょっと地図データを可視化したいくらいだったら GIS を導入しなくても BI ツールで対応できてしまうということですね。おそらく地図関係の機能もどんどん強化されていくでしょうし、GIS 関係の会社さんは戦々恐々としているのではないでしょうか。

Tableau とは

Tableauは、世界的に人気な BI ツールです。誰でも簡単にデータ分析や可視化を行うことができます。

Tableau Desktop をインストールしてみる

Tableau は色々な製品があるのですが、今回はTableau Desktop Public Edition という無料で使える製品を使ってみます。以下のサイトからインストーラーをダウンロードします。

public.tableau.com

インストーラーを起動してインストールを進めます。

f:id:sanvarie:20210415134436p:plain

インストール完了後、Tableau を起動してみます。機能は少し制限されているそうなのですが、少しつかうくらいだったらこれで十分だと思います。

f:id:sanvarie:20210415135133p:plain

使用するデータ

  • 全国市区町村界・・・ESRIジャパンさんが公開しているデータです。以下関連エントリーなので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

www.gis-py.com

データを可視化してみる

空間ファイルを選択します。

f:id:sanvarie:20210415140216p:plain

全国市区町村界データを読み込むとこのような画面になります。「シート1」をクリックします。

f:id:sanvarie:20210415140819p:plain

このような表示になります。「ジオメトリ」をダブルクリックします。

f:id:sanvarie:20210415141006p:plain

おぉー全国市区町村界データが表示されました。背景には Mapbox の地図を使っていますね。

f:id:sanvarie:20210415141049p:plain

次に「KEN」を「ラベル」にドラッグアンドドロップします。

f:id:sanvarie:20210415162252p:plain

県名がラベリングされました。

f:id:sanvarie:20210415162335p:plain

同じように「KEN」を「色」にドラッグアンドドロップするとこのように県ごとの色分けが行われます。

f:id:sanvarie:20210415162909p:plain

こんな感じで属性テーブルも使うことができますね。

f:id:sanvarie:20210415163213p:plain

さいごに

やはり 地図機能に関しては GIS 製品と比べると見劣りするかなという感じでしたが、ちょっと地図データを可視化させてみたいという場合は Tableau で十分かなと思いました。位置情報に関する重要性が年々増してきているかと思うので、これから Tableau の地図機能はさらに充実してくるのではと思っています。私も仕事で Tableau を使うようになったのでこれを機に本ブログで Tableau について色々紹介できればと思います。本日は以上です。