GIS奮闘記

現役GISエンジニアの技術紹介ブログ。主にPythonを使用。

スポンサーリンク

ArcGIS Pro で編集の自動保存をする方法

さて、本日は ArcGIS Pro で編集の自動保存をする方法を紹介します。以下のエントリーで ArcMap と ArcGIS Pro の違いを紹介したのですが、大きな違いのみを紹介しました。今回を含めてこれからはもう少し具体的に ArcGIS Pro になって追加された機能、進化した機能などを紹介しようと思います。

www.gis-py.com

編集の自動保存

ArcMap では「編集の開始」→「編集の保存」というようなステップを踏む必要がありましたが、ArcGIS Pro では「編集の開始」をする必要がなくなりました。その上、「自動保存」の設定をオンにすれば、「編集の保存」をしなくても、編集した内容が保存されます。編集中に ArcMap が落ちて涙をのんだという方もいるかと思いますが、そういった心配をする必要もなくなりました。

手順

1. ArcGIS Pro 起動後 > 「設定」を押下

f:id:sanvarie:20190907111423p:plain

2. 「オプション」を押下

f:id:sanvarie:20190907111607p:plain

3. 「編集」 > 「編集の保存」をチェックして、「OK」を押下

f:id:sanvarie:20190907111747p:plain


すごく簡単に設定できました。一日中編集をするような方にとっては痒いところに手が届く機能ではないでしょうか。興味のある方はぜひ使ってみてください。また、ちょくちょく ArcGIS Pro の小ネタについて紹介できればと思います。本日は以上です。

Node.js で WEB サーバーを簡単に構築する方法

さて、本日は Node.js で WEB サーバーを構築してみようと思います。あまりブログの趣旨とは関係ないところだとは思うのですが、実は今年のどこかで ArcGIS API for JavaScript の紹介と実際に当該 API を使用した WEBサイトの構築を考えているので、その前準備と勉強のためというのが本エントリーの主な理由です。

Node.js とは

もう皆さんご存知かと思いますが、Node.js はサーバーサイド Javascript の実行環境ですね。以下サイトに詳細が書いてあるので、興味がある方は是非読んでみてください。

qiita.com

実行環境

Windows 10

Node.js のインストール

以下サイトでインストーラーをダウンロードして、インストールをしてください。 nodejs.org

インストールが完了したら以下のコマンドで Node.js がインストールされていることとバージョンが確認できます。

node --version

f:id:sanvarie:20190728133640p:plain

以下のコマンドで npm (node package manager) がインストールされていることとバージョンが確認できます。

npm --version

f:id:sanvarie:20190728133446p:plain

WEB サーバーを構築

Express を使って WEB サーバーを構築してみようと思います。

Express とは

Express は Node.js での開発をスピードアップするためのフレームワークです。

Express をインストール

  • 新規プロジェクト用に空のディレクトリ作成
  • そのディレクトリで以下コマンドを実行してプロジェクトを初期化。プロンプトでいくつかの質問に回答し package.json ファイルを生成。
npm init
  • 以下コマンドで Express をインストール
npm install express --save

サンプルコード

アクセスするとHello World!とブラウザに表示する簡単なサーバーサイド処理のサンプルです。

var express = require('express');
var app = express();
app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello World!');!');
});
app.listen(3000, function () {
});

Express の実行

以下コマンドで Express を実行することができます(index.js は今回使用するファイル名なので、異なる名前のファイルを使用する場合はそれに合わせてコマンドを変えてください)。

node index.js

f:id:sanvarie:20190728140448p:plain

準備はすべて整いました。後はhttp://localhost:3000/にアクセスするだけですね。

f:id:sanvarie:20190728140732p:plain

ばっちりですね!

簡単に WEB サーバーの構築ができました。実際に WEB サイトを構築するにはこれでは不十分かと思いますが、このように簡単に始められるのはとても助かりますね。

Python で MeCab を使ってテキストの内容を形態素解析してみる ~小説内の頻出単語の抽出~

本日は MeCab を使ってみようと思います。MeCab については最近、以下エントリーでインストール方法と簡単な使い方を紹介しましたが、本エントリーではより実践的な使い方を紹介したいと思います。

www.gis-py.com

やってみること

  1. 「坊ちゃん」(夏目漱石)のテキストデータをダウンロード
  2. 正規表現で不要な文字を除去する(ここはなくても形態素解析が可能ですが、より正確に解析したかったので、この手順を入れました)
  3. MeCab を使用して頻出単語(名詞)TOP10を抽出する

データ入手先

青空文庫さんで色々な小説のテキストデータをダウンロードすることができます。

青空文庫 Aozora Bunko

坊ちゃんのデータはここですね。

図書カード:坊っちゃん

中身はこんな感じです。《にさんち》のようにフリガナが入っていたり、ヘッダーやフッターも除去する必要がありますね

f:id:sanvarie:20190727081956p:plain

実行環境

Windows10
Python3.6.5
Jupyter Notebook

正規表現のサンプル

こういう場合は正規表現を使います。そして、Python で正規表現と言ったら re ですね。

import re

# ファイル読み込み
file = r'bocchan.txt'
with open(file) as f:
    text = f.read()

# ヘッダの除去
text = re.split('\-{5,}',text)[2]

# フッタの除去
text = re.split('底本:',text)[0]

# 最初の一の除去
text = re.sub('一', '', text,1)

# ふりがなの削除
text = re.sub('《.+?》', '', text)

# 入力注の削除
text = re.sub('[#.+?]', '',text)

# 空行の削除
text = re.sub('\n\n', '\n', text)

print(text)

いい感じの結果になりましたね。
f:id:sanvarie:20190726230648p:plain

MeCab を使用して頻出単語(名詞)TOP10を抽出するサンプル

MeCab の処理でも少し re を使います。また、形態素解析した結果を collections.Counter を使用して頻出単語(名詞)TOP10を抽出してみたいと思います。そして、抽出対象は名詞-一般のみにしました。結果は「単語:n」のような形式で出力します。

import re
import MeCab
from collections import Counter

# ファイル読み込み
file = r'bocchan.txt'

with open(file) as f:
    text = f.read()

# ヘッダ部分の除去
text = re.split('\-{5,}',text)[2]
# フッタ部分の除去
text = re.split('底本:',text)[0]
# 最初の一の除去
text = re.sub('一', '', text,1)
# ルビの削除
text = re.sub('《.+?》', '', text)
# 入力注の削除
text = re.sub('[#.+?]', '',text)
# 空行の削除
text = re.sub('\n\n', '\n', text)

# Mecab で形態素解析
tagger = MeCab.Tagger("-Ochasen")
result = tagger.parse(text)
result_lines = result.split('\n')

result_words = []
words = []

for result_line in result_lines:
    result_words.append(re.split('[\t,]', result_line))

for result_word in result_words:

    if (    result_word[0] not in ('EOS', '')
        and result_word[3] == '名詞-一般'):

            words.append(result_word[0])

# 頻出単語TOP10を抽出
counter = Counter(words)
for word, count in counter.most_common(10):
    print('%s : %s' % (word, count))

結果はこのようになりました。
f:id:sanvarie:20190727003355p:plain

なるほどーといった感じですね。「赤」が最頻出の単語(名詞)ということがわかりました。タイトルである「坊ちゃん」という単語はTOP10からは漏れているようですね。気になるので調べてみたら70~80位くらいでしたね。
f:id:sanvarie:20190727003705p:plain

MeCab をもっと使いこなせば本当に色々なことができそうですね。もっと勉強して次回はもう少し複雑なものにもチャレンジしてみようと思います。

【ArcGIS Pro SDK】DAML ID を一括で出力する方法

さて、本日は DAML ID を一括で出力する方法について書いてみようと思います。

そもそも DAML とは?

簡単に言うと、「ArcGIS Pro のUI を定義するもの」でしょうか。XML 形式のファイルでArcGIS Pro SDK で開発を行う場合は必ず使用するものです。詳細は以下のサイトを参考にしてみてください。

community.esri.com

github.com

DAML ID を調べるには

以下のサイトでDAML ID の確認をすることができるのですが、英語、そして、どのコントロールがどのDAML ID なのかよくわからない・・・

github.com

DAML ID を一括で出力するには

以下のようなコマンドライン引数をつけて ArcGIS Pro を起動すると、DAML ID の一覧を取得することができます。

ArcGISPro.exe /dumpcombineddaml

f:id:sanvarie:20190726060326p:plain

そして、ArcGIS Pro が起動するとこのようなテキストが出力されます。これが DAML ID の一覧ですね。日本語のキャプションがついているので、特定のコントロールの DAML ID が知りたい場合は便利な機能だと思います。 f:id:sanvarie:20190726055106p:plain

ArcGIS Pro 上で DAML ID の確認を行う

オプション>ヒントにコマンド ID を表示にチェック>OK で DAML ID を ArcGIS Pro 上で確認することができるようになります。

f:id:sanvarie:20190726055325p:plain

このようにアイコンにカーソルをあてれば、それに割り当てられている DAML ID がわかります。 f:id:sanvarie:20190726055649p:plain

ArcGIS Pro SDK の開発で DAML ID をよくさわるけど、いつも使いたい DAML ID を探すのに苦労をするという方はぜひこの方法を試してみてください。

ArcGIS Pro のデフォルトで表示される地形図を消す方法

さて、ArcGIS Pro のデフォルトで表示される地形図を消す方法を紹介します。

ArcGIS Pro とは

言わずもがなですが、ArcGIS のデスクトップアプリですね。以下エントリーに詳細を書いていますので、興味のある方は読んでみてください。

www.gis-py.com

ArcGIS Pro 起動時

ArcGIS Pro を起動するとデフォルトの表示はこのようになります。

f:id:sanvarie:20190725201707p:plain

  • 注記(地形図)
  • 地形図 (World Topographic Map)

というレイヤがデフォルトで表示されますね。ただ、デフォルトで表示してほしくない、という方もいらっしゃるかと思います。

実行環境

ArcGIS Pro 2.3

※バージョンが異なると UI が微妙に違うかもしれませんが、基本的にはどのバージョンでもこの設定はできるはずです。

対応方法

オプション>マップおよびシーン>ベースマップ>「なし」にチェック>OK で完了です。簡単ですね!

f:id:sanvarie:20190725201939p:plain

f:id:sanvarie:20190725202004p:plain

再度起動をしてみると、デフォルトの地形図が表示されていないことがわかります。

f:id:sanvarie:20190725202055p:plain

ArcGIS Pro は設定変更がかなり柔軟にできるようになっています。「こんなことできないかな?」と思ったら、まずはオプションで設定できるか確認することをお勧めします!

ArcMap で横書きの漢字のアノテーションを縦書きにする方法

本日はArcMapの小ネタについて書いてみようと思います。「横書きの漢字を縦書きにしたい!」でも、「やり方がわからない」「そもそもそんなことできるのか?」と思われている方もいらっしゃるかと思います。今回はそのやり方について書いてみようと思います。

環境

ArcMap10.6.1

サンプルデータ

このような横書きの漢字を用意しました。

f:id:sanvarie:20190721140509p:plain

回転させてみる

私は最初は「回転させたらいいのでは?」と思い、回転させてみました。結果がこれです。

f:id:sanvarie:20190721140546p:plain

これでは漢字の向きがおかしくなってしまいますので、だめですね。

手順

まず、上記のアノテーションを元の角度に戻してから、対象のアノテーションの属性を開きます。

f:id:sanvarie:20190721140751p:plain

右下のシンボルボタンを押下します。

f:id:sanvarie:20190721140711p:plain

CJK方向文字にチェックを入れてOKボタンを押下します。

f:id:sanvarie:20190721140820p:plain

注意

文字のフォントが「Arial」とかだと「CJK方向文字」が表示されないので、ご注意ください。おそらく漢字で使われるフォントのみが対象になっていると思われます。

f:id:sanvarie:20190721140902p:plain

属性ウインドウで適用ボタンを押下してください。

f:id:sanvarie:20190721141016p:plain

再度回転させるとこのように漢字が縦書きになりました。

f:id:sanvarie:20190721141144p:plain

属性ウインドウでこのように複数のアノテーションを選択して一括での設定も行うことができます。

f:id:sanvarie:20190721141528p:plain

簡単ですが、本日は以上です。今後は ArcMap や ArcGIS Pro の小ネタとかも色々紹介できればと思います。

Python で 作成した QR コードを読み込んで Googleマップにとんでみる

さて、本日は Python で QR コードを作成してみようと思います。ただ、単純に QR コードを作成してもつまらないので、作成した QR コードで Googleマップにとべるようにしてみようと思います。

使用するライブラリ

qrcode という Python の QR コード画像生成ライブラリを使います。pip でインストールしてください。

pip install qrcode[pil]

pypi.org

QR コードに埋め込む緯度経度

緯度: 35.678601
経度: 139.740286

ここがどこかといいますと永田町駅ですね。

作成する QR コード

GoogleマップへのリンクURLを格納する QR コード を作成します。上記の緯度経度をパラメータにした URL は以下のような形になります。この URL を QR コードに埋め込みます。

https://www.google.com/maps/search/?api=1&query=35.678601,139.740286

手順

今回は以下のような流れで進めてみようと思います。

  1. QRコードの作成(Python)
  2. 作成したQRコードをスマートフォンで読込
  3. Googleマップが指定した緯度経度で起動することを確認

実行環境

Windows10
Python3.6.5

サンプルコード

緯度経度を埋め込んだ QR コード作成のサンプルです。

# coding: utf-8
import qrcode

file_name = r"D:\python\qr.png" # QRコードの作成先

lat = "35.678601"  # 緯度
lon = "139.740286" # 経度

qr = "https://www.google.com/maps/search/?api=1&query=%s" \
         % (lat + "," + lon) # QRコードに埋め込む情報

img = qrcode.make(qr) # 画像作成
img.save(file_name)   # 保存

すごく簡単にできました。

作成したQRコードの画像を開くとこのようになっています。 f:id:sanvarie:20190720110800p:plain

作成したQRコードをスマートフォンで読込むとGoogleマップが出てくるのでタップします。 f:id:sanvarie:20190720111837j:plain

このように指定した緯度経度でGoogleマップを起動することに成功しました。 f:id:sanvarie:20190720111902p:plain

少し拡大させてみました。ピンが置かれている場所は間違いなく永田町ということがわかりますね。 f:id:sanvarie:20190720131025p:plain

ズームとかも指定できるみたいなので、細かい設定などをしたい方はGoogleMapへのリンクURL作成方法を調べた - Qiitaを読んでみてください。

この仕組みを利用すればマップをクリックした箇所をQR コード化してその場所をGoogleマップで確認なんてこともできるかと思います。今度はこれをもう少し発展させたものを作ってみたいですね。