GIS奮闘記

現役GISエンジニアの技術紹介ブログ。主にPythonを使用。

スポンサーリンク

ArcGIS ProとArcMapの違いについて

最近はArcGISネタが多いですが、本日もArcGISです。ArcGIS ProとArcMapの違いについて書いてみようと思います。 ArcGIS Proとは Esriが今一押しするArcGISのデスクトップアプリ。ArcMapの後継的な位置づけと思われる。 ArcMapとは 長年愛されているArcGISの…

ArcGIS Onlineを使ってみよう

さて、本日はArcGIS Onlineを使ってみようと思います。前から興味があったサービスなのですが、今までほとんどさわったことがありませんでした。これを機に色々勉強してみようと思います。 ArcGISOnlineとは 簡単に言うとクラウドGISです。様々なサービスが…

ArcGIS for Personal Useを使ってみよう!

さて、本日はArcGIS for Personal Useについて書いてみようと思います。おそらくこのブログを読んでいただいている方の大半はArcGISのことはご存知かと思いますが、ご存知ではないという方は以下のエントリーに概要を記載していますので、興味がありましたら…

ArcPyレシピ集⑥ ~重複した属性値を抽出~

さて、本日はArcPyについて書いてみようと思います。以前、以下のエントリーで空間的に重複したフィーチャの抽出方法を紹介しました。www.gis-py.com今回は空間的ではなく、重複した属性、つまり、同カラムに同じ属性値を持つレコードの抽出方法を紹介します…

Pythonで国土数値情報のWeb APIを使って全データを一括でダウンロードする方法

さて、今回も国土数値情報のWeb APIについて書いてみようと思います。先日、本件に関するエントリーを書きましたが、この時は一部データのダウンロードしかしませんでした。その時に全データを一括でダウンロードできたらいいなぁと思ったので、今回はそれに…

Pythonで国土数値情報のWeb APIを使ってデータをダウンロードしてみよう

さて、今日は国土数値情報のWeb APIを使ってデータをダウンロードしてみようと思います。 国土数値情報とは? 以下エントリーでも紹介していますが、全国の河川、避難施設、鳥獣保護区、鉄道 など様々なデータをShape形式などで提供しているWEBサイトです。w…

ArcPyレシピ集⑤ ~重複したフィーチャを抽出~

さて、本日は久しぶりにArcPyについて書いてみようと思います。 ArcPyとは 言わずもがなですが、ArcGISのデータを扱うためのPythonライブラリです。ArcPyに関しては当ブログで色々紹介していますので、興味のある方は以下エントリーを読んでみてください。ww…

PythonでGISデータを扱う際に便利なライブラリのまとめ

本日は PythonでGISデータを扱う際に便利なライブラリについてまとめてみようと思います。ほとんどが過去のエントリーで紹介しているものですが、これからGISデータを扱おうと思っている方やたくさんライブラリがある中でどういったものを選択していいのか迷…

geopandasの使い方をマスターしよう ~Shapeファイルの読込・作成、GeoDataFrameの扱い方まで~

本日はgeopandasについて書いてみようと思います。geopandasについては以下のエントリーでも紹介しているのですが、今回はShapeファイルの読込・作成、GeoDataFrameの扱い方まで、一通りの使い方を紹介できればと思っています。www.gis-py.comwww.gis-py.com…

PythonでGDALを使い倒そう!

さて、本日はGDALについて書いてみようと思います。GDLについては以下のように以前に何個か記事を書いているのですが、非常に奥が深いライブラリですので紹介していない機能がまだまだたくさん残っています。今回はラスターの扱いについて紹介します。www.gi…

Fionaを使ってみよう

本日はFionaを使ってみようと思います。先日、以下エントリーでShapelyを紹介しましたが、Fionaも同じようにGIS関係で有名なPythonライブラリです。www.gis-py.com Fionaとは Fionaはデータの読み書きに特化したシンプルなライブラリです。逆に言うと、他の…

Pythonを使うならpprintを使うべし

今回はGISではなく、Python一般的なお話です。皆さんはPythonを使用する際、pprintをお使いでしょうか?使ったことないという方はとても便利なので、ぜひ使ってみてください。 pprintとは リストや辞書などをきれいに整形して出力・表示したり、文字列(str…

GISでよく使われるデータ形式

本日はGISでよく使われるデータ形式について書いてみようと思います。実はGISの世界では様々はデータ形式がありますが、その中でもよく使う形式は数個くらいかと思います。すべての形式を説明することはちょっと難しいので、今回は私が主に使用するデータ形…

Shapelyを使ってみよう

さて、本日はShapelyを使ってみようと思います。 Shapelyとは Shapelyは、GEOSをベースとしたpythonライブラリで、ジオメトリの操作および分析のために使われます。GIS関係のPythonライブラリではかなり有名だと思います。 特徴 二点間の距離を計測したり、…

【GIS入門】GIS勉強用おすすめサイトまとめ

本日は「GIS勉強用おすすめサイトまとめ」を書いてみようと思います。会社でGIS担当になり、GISを勉強をしようと思っているが、何から手をつけていいかわからない。GISに興味はあるけど、どのサイトも難しくて挫折してしまった、という方は少なからずいらっ…

GISを使った便利で面白いWEBサイトのまとめ

本日は「GISを使った便利で面白いWEBサイトのまとめ」を書いてみようと思います。以前と比べてGISがより身近な存在になり、様々なデータの可視化サイトなどが人気を博しているかと思います。その中でも私のイチ押しを本日は紹介します。 1.Tweetping Twitter…

foliumを使ってみよう

本日はfoliumについて書いてみたいと思います。 foliumとは WEBマップを作成するためのライブラリです。Leafletというjavascriptのライブラリーがベースになっているようです。WEBサイトに以下のように簡単にインタラクティブなマップを組み込むことができま…

geopyを使ってジオコーディングをしてみよう

さて、本日はgeopyを使ってジオコーディングをしてみようと思います。 geopyとは ジオコーディング用のPythonライブラリですね。GIS系のPythonライブラリではかなりメジャーです。ジオコーディングとは?という方は以下のエントリーをご参照ください。 www.g…

GISデータを無料でダウンロードできる便利サイトのまとめ

さて、本日はGISデータを無料でダウンロードできる便利サイトのまとめを書いてみたいと思います。自分はよく仕事でこういったサイトを利用するのですが、みなさんはどうでしょうか?非常に便利なデータが無料でダウンロードできますので、これからGISに取り…

mxdperfstatを使ってみよう

ArcGISを使っていて、速度が気になることはありませんか?もしかしたらお使いのGISデータの速度改善ができるかもしれません。ArcGISをお使いの方であればMXDはご存知かと思います。ただ、MXDの速度を計測したことはありますでしょうか?そんな時はmxdperfsta…

GISエンジンおよびサービスのまとめ

今日は私が日常的に使用しているGISエンジンおよびサービスについてまとめてみようと思います。エンジンという言葉は普段あまり耳にすることは無いと思いますが、ソフトウェアと考えて問題ないと思います。GISデータを扱うためのソフトウェアですね。GISって…

geopandasを使ってShapeファイルを作成しよう! ~Airbnbのデータを可視化してみよう~

さて、今回はgeopandas第二弾です。前回はgeopandasの簡単な使い方を紹介しましたが、今回はもう少し掘り下げてShapeファイルの作成をしてみようと思います。geopandas第一弾に関しては以下をご参照ください。 www.gis-py.com本エントリーの後に第三弾も書き…

geopandasを使ってみよう!

さて、今回はgeopandasですね!以前から気になっていたライブラリなので、これを機に使ってみようと思います。 geopandasとは geopandasはpandasの拡張で、地理データを含むデータをpandasのように表形式で扱うことができるpythonのライブラリです。こんな便…

【PythonとGIS】GDALを使ってShapeファイルを作成してみる

皆さん、お久りぶりです。ずっとブログ更新をさぼってしまっていましたが、またちょくちょく書いていこうと思います。さて、今回はGDALですね!GDALは以下記事のように当ブログで紹介はしているのですが、今回はShapeファイルの作成にチャレンジしてみたいと…

PythonとJSMで東証一部上場企業を可視化してみる

ものすごく久しぶりのブログ更新になります。さぼり気味で元々しょぼい腕前がさらに錆びついた気が・・・今後はまた定期的に更新しようと思いますので、どうぞよろしくお願いします。さて、今回は「PythonとJSMで東証一部上場企業を可視化してみる」です。た…

ArcPyレシピ集④ ~フィーチャクラスの座標系を取得~

さて、また間が空いてしまいましたが、今回もArcPyレシピを書いてみたいと思います。テーマは「フィーチャクラスの座標系の取得です」。例えば、GDBに複数のフィーチャクラスが入っている際、座標系が異なるフィーチャクラスが入ってしまっていた、というご…

ArcPyレシピ集③ ~サブタイプの取得方法~

さて、ブログの更新が滞っていましたが再開させようと思います。今回はArcPyでサブタイプの取得方法を紹介したいと思います。 サブタイプとは?! そもそもサブタイプとは何なのでしょうか?サブタイプは、フィーチャクラスのデータを分類する場合に使用しま…

ArcPyレシピ集② ~ワークスペースのフィーチャクラス名とジオメトリタイプの取得方法~

さて、GWも終わり憂鬱な気分となっておりますが、本日もArcPyレシピを書いてみたいと思います。 本日のお題 ワークスペースのフィーチャクラス名とジオメトリタイプの取得方法 おそらく業務で使用するワークスペース(FGDBなど)には多数のフィーチャクラス…

ArcPyレシピ集① ~フィーチャクラスのカラム名の取得方法~

さて、本日から簡単なArcPyのレシピ集を書いてみたいと思います。もっといい方法があるよ!という方はご連絡いただけると助かりますm(_ _)m 本日のお題 フィーチャクラスのカラム名の取得方法 フィーチャクラスを扱うにおいて、カラム名をとってきたいことは…

ArcPyでオープンストリートマップのデータ(.osm)をShapeに変換してみた

さて、本日はArcPyでオープンストリートマップのデータ(.osm)をShapeに変換してみようと思います。最近はまっているオープンストリートマップですが、出力できるデータ形式が.osm(実質xml)というものなので、なんだかなぁという感じです。とりあえずShapeで…