GIS奮闘記

現役GISエンジニアの技術紹介ブログ。主にPythonを使用。

スポンサーリンク

geopyを使ってみよう

さて、本日はgeopyを使ってみようと思います。 geopyとは ジオコーディング用のPythonライブラリですね。GIS系のPythonライブラリではかなりメジャーです。ジオコーディングとは?という方は以下のエントリーをご参照ください。 www.gis-py.com インストール…

GISデータを無料でダウンロードできる便利サイトのまとめ

さて、本日はGISデータを無料でダウンロードできる便利サイトのまとめを書いてみたいと思います。自分はよく仕事でこういったサイトを利用するのですが、みなさんはどうでしょうか?非常に便利なデータが無料でダウンロードできますので、これからGISに取り…

mxdperfstatを使ってみよう

ArcGISを使っていて、速度が気になることはありませんか?もしかしたらお使いのGISデータの速度改善ができるかもしれません。ArcGISをお使いの方であればMXDはご存知かと思います。ただ、MXDの速度を計測したことはありますでしょうか?そんな時はmxdperfsta…

GISエンジンおよびサービスのまとめ

今日は私が日常的に使用しているGISエンジンおよびサービスについてまとめてみようと思います。エンジンという言葉は普段あまり耳にすることは無いと思いますが、ソフトウェアと考えて問題ないと思います。GISデータを扱うためのソフトウェアですね。GISって…

geopandasを使ってShapeファイルを作成しよう! ~Airbnbのデータを可視化してみよう~

さて、今回はgeopandas第二弾です。前回はgeopandasの簡単な使い方を紹介しましたが、今回はもう少し掘り下げてShapeファイルの作成をしてみようと思います。geopandas第一弾に関しては以下をご参照ください。 www.gis-py.com Airbnbとは? Airbnb(エアビー…

geopandasを使ってみよう!

さて、今回はgeopandasですね!以前から気になっていたライブラリなので、これを機に使ってみようと思います。 geopandasとは geopandasはpandasの拡張で、地理データを含むデータをpandasのように表形式で扱うことができるpythonのライブラリです。こんな便…

【PythonとGIS】GDALを使ってShapeファイルを作成してみる

皆さん、お久りぶりです。ずっとブログ更新をさぼってしまっていましたが、またちょくちょく書いていこうと思います。さて、今回はGDALですね!GDALは以下記事のように当ブログで紹介はしているのですが、今回はShapeファイルの作成にチャレンジしてみたいと…

PythonとJSMで東証一部上場企業を可視化してみる

ものすごく久しぶりのブログ更新になります。さぼり気味で元々しょぼい腕前がさらに錆びついた気が・・・今後はまた定期的に更新しようと思いますので、どうぞよろしくお願いします。さて、今回は「PythonとJSMで東証一部上場企業を可視化してみる」です。た…

ArcPyレシピ集④ ~フィーチャクラスの座標系を取得~

さて、また間が空いてしまいましたが、今回もArcPyレシピを書いてみたいと思います。テーマは「フィーチャクラスの座標系の取得です」。例えば、GDBに複数のフィーチャクラスが入っている際、座標系が異なるフィーチャクラスが入ってしまっていた、というご…

ArcPyレシピ集③ ~サブタイプの取得方法~

さて、ブログの更新が滞っていましたが再開させようと思います。今回はArcPyでサブタイプの取得方法を紹介したいと思います。 サブタイプとは?! そもそもサブタイプとは何なのでしょうか?サブタイプは、フィーチャクラスのデータを分類する場合に使用しま…

ArcPyレシピ集② ~ワークスペースのフィーチャクラス名とジオメトリタイプの取得方法~

さて、GWも終わり憂鬱な気分となっておりますが、本日もArcPyレシピを書いてみたいと思います。 本日のお題 ワークスペースのフィーチャクラス名とジオメトリタイプの取得方法 おそらく業務で使用するワークスペース(FGDBなど)には多数のフィーチャクラス…

ArcPyレシピ集① ~フィーチャクラスのカラム名の取得方法~

さて、本日から簡単なArcPyのレシピ集を書いてみたいと思います。もっといい方法があるよ!という方はご連絡いただけると助かりますm(_ _)m 本日のお題 フィーチャクラスのカラム名の取得方法 フィーチャクラスを扱うにおいて、カラム名をとってきたいことは…

ArcPyでオープンストリートマップのデータ(.osm)をShapeに変換してみた

さて、本日はArcPyでオープンストリートマップのデータ(.osm)をShapeに変換してみようと思います。最近はまっているオープンストリートマップですが、出力できるデータ形式が.osm(実質xml)というものなので、なんだかなぁという感じです。とりあえずShapeで…

OpenStreetMapを使ってみよう!

さて本日はマニアックなArcPyのプログラムからは離れてOpenStreetMapを紹介しようと思います。実は私も最近知りました。GISに携わる者としてこんな面白いものを知らなかったのは実に恥ずかしい。。。 OpenStreetMapとは 「OpenStreetMap(OSM)は、道路地図な…

ArcPyで壊れたフィーチャクラスを抽出する方法

さて、本日は「ArcPyで壊れたフィーチャクラスを抽出する方法」です。フィーチャクラスが壊れるって何?!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、フィーチャクラスは壊れるんです。本当に貧弱です。 確認方法 属性テーブルのヘッダカラムをダブルクリックし…

【PythonとGIS】ArcPyで頂点の間引き処理を進化させてみた

さて、本日は頂点の間引き処理を行ってみたいと思います。ArcMapの頂点の間引きというジオプロセシングツールを使えばそれを実現することが可能です。頂点の間引き (Generalize)—ヘルプ | ArcGIS for Desktop ただ、以下のような問題もあります。 Standardラ…

【PythonとGIS】ArcPyでラインの端点の角度を取得する

さて、本日はラインの端点の角度を取得しようと思います。ラインの端点にはシンボルを置くことが多いので、端点の角度を取得して、そこにのっかるポイントに角度を与える場合などに使えるかと思います。 環境 Windows7 64bit ArcGIS10.2 Python2.7.3 事前準…

【PythonとGIS】ArcPyでライン接合を行ってみた ~Advancedライセンス?!だが断る!~

さて、本日はArcPyでライン接合を行ってみようと思います。背景などでけっこうラインがぶちぶち切れてしまっていることが多いので、この機能があればラインのフィーチャ数を減らすことができますね。Advancedライセンスがあれば、ArcMapで実行できるのですが…

ArcPyを使用してラインの頂点数を取得する

さて、本日はArcPyを使用してラインの頂点数を取得してみようと思います。頂点数が多いとパフォーマンスにも影響が出てしまうため、余分な頂点数がありそうなラインを抽出するのに役立つかと思います。 実行環境 Windows7 64bit ArcGIS10.2 Python2.7 事前準…

Pythonで自分だけの世界地図を作ってみる ~オープンデータを自分の欲しい形にしてみよう~

本日は世界地図を作ってみようと思います。オープンデータ関連で検索すれば世界地図がダウンロードできるサイトがいくつか検索できます。ただし、すべて海外のサイトのため、表記が英語になっていて非常に見づらいです。なので、今回は日本人向けの世界地図…

【PythonとGIS】GIS的視点で高校サッカーを分析してみる

さて、とうとうサッカーネタに手を出してみようと思います。最初は高校サッカーにしてみました。「どの県が最強なのか」というのを分析・視覚化してみようと思います。※ソースと作成したデータはGitHubで公開しています。https://github.com/sanvarie/Minnan…

PythonでESRIの日本地図(全国市区町村界データ)を加工してみる ~オープンデータを自分の欲しい形にしてみよう~

本日は当ブログでもよく使用しているESRIさんの日本地図を加工してみようと思います。このデータは全国の市区町村ごとのポリゴンデータなのですが、県ごとのポリゴンが欲しいという方もいるかと思います。単純に県ごとにするだけなら簡単なのですが、人口や…

【PythonとGIS】ESRIデータコレクションを分析する ~ArcPyを使用して詳細地図の秘密に迫る~

さて、本日はESRIデータコレクションを分析してみようと思います。「ESRIデータコレクション」とはESRIさんが販売している背景地図のことです。以前、ESRIの方とお話しした際に「データコレクションは涙ぐましい努力をして少しでも速度が出るようにしていま…

ArcPyを使用してフィーチャクラスの情報をCSV出力する

さて、本日は「ArcPyを使用してフィーチャクラスの情報をCSV出力する」です。実際に業務では数十個のフィーチャクラスがあり、それぞれにサブタイプなどを設定していたりします。例えば、サブタイプごとのアイテム数を抽出したい場合、一つ一つ確認していく…

【PythonとSQL】Zmap-TOWNⅡをファイルジオデータベースに変換して住所データ(地番戸番)を抜き出す方法 ~やっぱり便利なPandas~

さて、本日はZmap-TOWNⅡから住所データ(地番戸番)を抜き出してみようと思います。大変便利なZmap-TOWNⅡですが、これの住所一覧が欲しいなぁと思ってもゼンリンさんはそんなデータは用意してくれていませんね。なら自分で作ってしまいましょう! Zmap-TOWNⅡを…

ArcGISコミュニティの発足 ~Q&Aや情報交換用のFacebookグループ~

このたびArcGISコミュニティを発足することになりました。 ArcGISは便利なエンジンですが、世に出回る情報量の少なさが玉に瑕ですよね(あったとしても英語ばかりといったことも多々)。ですので、困った時に質問や情報収集が出来るコミュニティの存在が必要…

【GISとPython】pandasで気象庁の震度データベースをスクレイピングして震源をマップにプロットする

さて、本日はpandasでHTMLの表をスクレイピングしてみようと思います。スクレイピングだったらBeautifulSoupやlxmlなどが有名ですが、HTMLの表をスクレイピングするのは割と面倒くさい作業です。「気象庁の震度データベース」というちょうどいいサンプルがあ…

【ArcMapとArcpy】オープンデータを使って自分だけの地図を作ろう! ~阪神・淡路大震災編~

さて、本日は神戸市のオープンデータを利用してみようと思います。阪神・淡路大震災「1.17の記録」に阪神・淡路大震災の記録写真が公開されています。前回行ったようにこの写真にジオタグを追加して、その緯度経度にポイントを配置してみます。 データのダウ…

Pythonで画像ファイルにジオタグ(geotag)を追加しよう!

さて、本日は「Pythonで画像ファイルにジオタグ(geotag)を追加しよう!」です。GPSを搭載したスマートフォンなどは、撮影時にその場所の緯度経度情報を写真データに埋め込むことが可能で、この位置情報を「ジオタグ」と呼びます。このジオタグですが、注意が…

【ArcMapとArcpy】オープンデータを使って自分だけの地図を作ろう! ~factbook編~

今回はfactbookを使用してみようと思います。factbookとは世界各国に関する情報を年鑑形式でまとめたアメリカ合衆国中央情報局 (CIA) の年次刊行物のことです。こんな便利なものが公開されているのですね。 ダウンロード 以下サイトからダウンロードします。…